ニュース

開幕一軍メンバーを発表 各球団の外国人はどうなった?

無断転載禁止
オリックスでも本塁打量産に期待がかかるブランコ©BASEBALLKING
 25日、セ・パ両リーグは開幕一軍登録選手を発表。外国人では昨季首位打者のマートン(阪神)、本塁打王のメヒア(西武)、最多勝のメッセンジャー(阪神)などが順当に一軍入りを果たした。

 各球団で熾烈を極める外国人枠争い。中でもオリックスは、バリントン、ディクソン、ブランコ、ヘルマン、マエストリの5人によるハイレベルな争いを繰り広げてきたが、マエストリが開幕一軍メンバーから漏れた。枠の関係とはいえ中継ぎの比嘉幹貴、岸田護が故障で離脱している中、ロングリリーフ要因のマエストリを一軍に置いておけないのは痛い。開幕一軍こそ逃したが、チーム事情によって昇格する可能性があるため、昨季同様いつでも一軍に上がれる準備を求められそうだ。

 セ・リーグでは広島もオリックス同様、春季キャンプから厳しい外国人枠争いが行われていたが、エルドレッドとロサリオが故障のため開幕二軍スタート。ジョンソン、ザガースキー、ヒース、グスマンの4人が開幕一軍となった。ヒースは抑え、グスマンは4番を任されることが予定されており、24年ぶりのリーグ優勝を目指すチームにとって彼らの活躍は欠かせない。

 また、24日に育成選手から支配下登録を勝ち取ったバリオス、オープン戦最多の5本塁打のミレッジ(ヤクルト)も開幕一軍の座を掴んでいる。一方で、オープン戦6試合に登板し、防御率6.35と精彩を欠いたマシソン、故障で離脱中のバレンティン(ヤクルト)は開幕一軍を逃した。

【開幕一軍の外国人選手】
●ソフトバンク
スタンリッジ(投手)
サファテ(投手)
バリオス(投手)
李大浩(内野手)

●オリックス
バリントン(投手)
ディクソン(投手)
ヘルマン(内野手)
ブランコ(内野手)

●日本ハム
クロッタ(投手)
ガラテ(投手)
レアード(内野手)
ハーミッダ(外野手)

●ロッテ
イ・デウン(投手)
チェン(投手)
カルロス・ロサ(投手)
クルーズ(内野手)

●西武
バスケス(投手)
メヒア(内野手)

●楽天
サンチェス(内野手)
ウィーラー(内野手)
ペーニャ(内野手)

●巨人
ポレダ(投手)
セペダ(外野手)

●阪神
呉昇桓(投手)
メッセンジャー(投手)
ゴメス(内野手)
マートン(外野手)

●広島
ジョンソン(投手)
ザガースキー(投手)
ヒース(投手)
グスマン(内野手)

●中日
バルデス(投手)
エルナンデス(内野手)
ルナ(内野手)
ナニータ(外野手)

●DeNA
エレラ(投手)
ロペス(内野手)
バルディリス(内野手)

●ヤクルト
バーネット(投手)
オンドルセク(投手)
ミレッジ(外野手)

【開幕一軍入りを果たせなかった主な外国人選手】
●オリックス
マエストリ(投手)

●巨人
マシソン(投手)
アンダーソン(外野手)

●広島
エルドレッド(内野手)

●ヤクルト
バレンティン(外野手)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西