ニュース

寒さ厳しい仙台の夜、待望の得点を挙げるのは…8日のパ・リーグ試合予定

無断転載禁止
1000本安打まであと2本に迫っているソフトバンクの松田宣浩©BASEBALLKING
 プロ野球が開幕してから2度目の水曜日。雨天中止があったチームは例外となってしまうが、大半は開幕から10試合を消化し、勢いの差も徐々に見え始めてきた。

 今日もパ・リーグは3試合すべてナイター。東京ドームで開催される日本ハム主催のゲームのみ、18時30分開始となっている。今日の試合予定と見どころは以下の通り。

楽天(美馬)- ソフトバンク(武田)

 <コボスタ・18時>
・対戦成績
楽 0 - 0 ソ(1分)
・最近の成績
楽:●雨●○△
ソ:○○○●△

 昨日は気温5度と厳しい寒さの中、延長12回・4時間27分に渡る戦いの末に引き分けた両チーム。スコアボードには24個のゼロが並ぶ展開も、8回までに2ケタ10安打を許しながら継投で引き分けに持ち込んだ工藤監督は「勝ちに等しい引き分け」と前向き。

 とはいえ強力打線がまたも沈黙。連続無得点は23イニングに伸び、その最後の得点も内野ゴロの間にあげたもの。適時打による得点はというともう30イニングも遠ざかっている。

 コボスタ宮城がある仙台市宮城野区の天気を見てみると、18時の予想気温は4度。今日も厳しい寒さが予想される仙台で、久々の得点を挙げることができるだろうか。

オリックス(松葉)- ロッテ(木村)

 <京セラ・18時>
・対戦成績
オ 1 - 0 ロ
・最近の成績
オ:●●●●○
ロ:●雨○●● ※現在2連敗中...

 パ・リーグ最下位に沈むオリックスと4位のロッテの対戦。オリックスは昨日、劇的なサヨナラ勝利で本拠地初勝利。連敗を4で止めた。

 ここから勢いに乗って行きたいオリックスの先発は松葉貴大。昨シーズンはロッテを相手に4戦3勝、防御率1.99と好相性を誇り、本拠地京セラドームも7戦で4勝負けなし、防御率1.59とこちらも好相性。良いデータの多い若き3年目左腕に今シーズン初の連勝を託す。

日本ハム(吉川)- 西武(ルブラン)

 <東京D・18時30分>
・対戦成績
日 1 - 0 西
・最近の成績
日:○○○○○ ☆現在6連勝中!
西:○●●○●

 早くも訪れたパ・リーグ首位攻防、第1ラウンドは投打ががっちりと噛み合った日本ハムが先勝した。

 西武打線は相手先発・メンドーサを前に沈黙。5回以降は四球で走者を1人だすのみに留まり、3安打で完封負けを喫した。チーム防御率がリーグ唯一の1点台(1.91)なのに対し、打率は.213。ここ4試合で零敗が2試合、平均1.75得点と打線ははっきり言って苦しい。

 特に7番打者に頭を悩ませており、3試合で先発した木村文紀は打率.100と低迷して二軍落ち、5試合に先発している坂田遼も打率.063と大不振。一・二軍の入れ替えも含め、田辺徳雄監督がどのような策を講じてくるのか注目だ。


【4月8日の試合予定と予告先発】

楽天(美馬学) - ソフトバンク(武田翔太)

<コボスタ宮城 18時00分>

オリックス(松葉貴大) - ロッテ(木村優太)

<京セラドーム大阪 18時00分>

日本ハム(吉川光夫) - 西武(ウェイド・ルブラン)

<東京ドーム 18時30分>
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西