ニュース

青木が日本人記録に並ぶ開幕9戦連続安打も…ジャイアンツは5連敗

無断転載禁止
開幕からの連続試合安打を9に伸ばした青木[Getty Images]
● ジャイアンツ 1 - 4 ロッキーズ ○
<現地時間4月14日 AT&Tパーク>

 ジャイアンツの青木宣親が現地時間14日(日本時間15日)、本拠地でのロッキーズ戦に「1番・左翼」で先発出場。内野安打を放って開幕から続く連続試合安打を9に伸ばし、打率を.405とした。

 不振に苦しんだオープン戦から一転、開幕してからは毎日安打を積み重ねる青木。この日も定位置となった「1番・左翼」で出場すると、初回の第1打席では一ゴロに倒れるも、3回の第2打席ではフルカウントから四球を選び出塁。今日もしっかり1番としての仕事をこなす。

 その後、0-3と3点を追う5回に先頭で迎えた第3打席でサードへの内野安打を放ち、開幕から9試合連続安打を記録。これで06年の松井秀喜(当時・ヤンキース)と07年の岩村明憲(当時・デビルレイズ)が記録した開幕からの連続試合安打の日本人記録に並んだ。

 青木は7回の第4打席でも四球を選び、この試合3度目の出塁を果たしたものの、いずれも後続が倒れて得点には結びつかず。1-4と3点ビハインドの9回二死で回った第5打席では空振りの三振に倒れ、最後の打者となった。

 結局この日は3打数1安打で四球が2つ。メジャー日本人記録に並ぶ開幕9試合連続安打を記録し、3度の出塁を果たしたもののチームは5連敗を喫した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西