ニュース

中日が首位攻防先勝!ヤクルトとゲーム差なし 21日のセ・リーグ試合結果

無断転載禁止
ヤクルト戦に先発した中日・大野=ナゴヤドーム (c)KYODONEWS
【4月21日 セ・リーグ試合結果】

○ 巨人 6 - 3 広島 ●
<前橋>

「巨人が効果的得点」

 巨人は3回までに3点をリードすると、5回は橋本と坂本の連続適時三塁打で突き放し、7回も1点を加えた。杉内は5回2/3を3失点で2勝目。広島は大瀬良が踏ん張れず、序盤の好機を生かせなかった打線も6回の3点止まり。
⇒個人成績一覧はこちら


● DeNA 3 - 5 阪神 ○
<横浜>

「ゴメスが決勝打」

 阪神の競り勝ち。3-3と追い付かれた直後の9回二死一、二塁で、初回に先制打を運んだゴメスが2点二塁打を放った。呉昇桓が7セーブ目。DeNAは8回に後藤が代打同点ソロを放ったが、山崎康がつかまり、2季ぶりの7連敗。
⇒個人成績一覧はこちら


○ 中日 3 - 2 ヤクルト ●
<ナゴヤ>

「大野が今季2勝目」

 中日の大野が完投で今季2勝目を挙げた。適度な荒れ球で的を絞らせず、3安打1失点。打線は5回にエルナンデスとプロ初出場の桂のソロで2点、8回に平田の適時打で1点を加えた。ヤクルトは連勝が4で止まった。
⇒個人成績一覧はこちら


(c)KYODONEWS
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西