ニュース 2015.05.05. 08:15

主軸の総年俸が3億超!? 豪華すぎる広島二軍のオーダー

無断転載禁止
4日、二軍で実戦復帰を果たした広島のエルドレッド ©BASEBALLKING
 シーズン前は“黒田フィーバー”に沸き、もはやブームを通り越して社会現象と言ってもいいほどに盛り上がりを見せていた広島カープ。

 優勝への機運も高まり、各解説者の下馬評も高かった2015年シーズン。ところが、フタを開けてみるとチームはまさかの低迷。特に打線の不振が深刻で、昨年リーグ2位の.272を誇ったチーム打率は.238にまで落ち込み、本塁打9本は12球団唯一のひと桁台となっている。

 要因の一つが、主軸を担う打者たちの相次ぐ離脱。シーズン前の3月9日に昨年の本塁打王ブラッド・エルドレッドが右膝を負傷して緊急帰国。アメリカで手術を受け、開幕絶望となると、球団史上最高額となる推定年俸1億円で契約を結んだヘスス・グスマンも脇腹痛でシーズン早々の4月5日に二軍落ち。

 加えて不振の打線で気を吐いていた松山竜平も左太もものケガで登録抹消。そんなこともあってグスマンを上回る推定年俸1億3900万円で緊急補強したネイト・シアーホルツも、調整不足がたたって不振で抹消と、一軍はまさに絶体絶命の状況となっている。

 そんな中、4日に行われたファームでの試合のオーダーが“豪華すぎる”と話題となっている。そのオーダーというのが、こちら。

1(中)鈴木将
2(二)上本
3(一)グスマン
4(指)エルドレッド
5(右)シアーホルツ
6(左)松山
7(三)美間
8(捕)磯村
9(遊)桑原
P.池ノ内

 この試合からエルドレッドが「4番・指名打者」でついに実戦復帰。前を打つグスマンはファームでも打率.125と苦しんでいるものの、5試合で打率.438と格の違いを見せつけているシアーホルツが5番に入り、3日から復帰の松山が6番と一軍顔負けの並び。

 それもそのはず、クリーンナップ3人の総年俸はなんと3億4800万円。同日の一軍のクリーンナップを務めた丸佳浩、新井貴浩、ライネル・ロサリオの3人の合計が1億4300万円であるからも、どれだけ豪華なのかをうかがい知ることができる。

 帰ってきた彼らは打撃不振に苦しむチームの救世主となり、チームに浮上のキッカケを与える起爆剤ととなるか――。巻き返しに向けて、なるべく早い一軍復帰が待たれる。

 ちなみに、試合の方はというとオリックスの先発・山崎福也の前に1得点に封じられ、広島が1-9で敗れている。

※年俸はすべて推定金額
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西