ニュース

主力復帰もオリックス大敗 中島はストライク判定巡り退場寸前

● オリックス 3 - 8 日本ハム ○
<7回戦・京セラドーム大阪>

 オリックスが大敗を喫し5連敗。中島、ブランコが復帰し悪い流れを止めたいところだったが、この日も投打が噛み合わず借金は今季ワーストの「12」に膨らんだ。

 この日も先発が序盤に崩れ、試合の主導権を早々に失った。今季ここまで奮投していた東明が4回途中7失点。打線も1点を追う初回に無死一、二塁のチャンスを迎えるも、3番に入ったカラバイヨが併殺打。続く4番竹原もサードゴロに倒れ、流れを引き寄せることができなかった。

 2-8で迎えた6回には一死満塁で打席に入った中島が、ストライク判定を巡り主審と一触即発。森脇監督やコーチ陣が間に入り何とか退場は免れたが、後続も続くチャンスで1点を返すのがやっとだった。

 9回には、4番手としてマウンドに上がった塚原が、中田、大野、岡に死球をぶつけ両軍選手がグラウンドへ飛び出す場面も。乱闘には発展しなかったが山本球審が「警告試合」を宣告し、場内は不穏な空気となった。

 9回裏も無得点に終わり3-8で敗れたオリックス。この日は主力が復帰し、1番糸井、5番ブランコ、7番中島と攻撃的布陣で臨むも9安打で3得点。浮上のきっかけにしたい試合でまさかの大敗を喫し、森脇監督は試合後「初回に1点でも返しておきたかった。明日以降の戦いに繋げていきたい」と力なく答えた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西