ニュース 2015.05.25. 00:50

ノムさん、首位DeNAと5位阪神の差は「中畑はサングラスをかけていない」

無断転載禁止
勝利したDeNAの中畑清監督©BASEBALLKING
 24日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた首位・DeNA対阪神戦を解説した。

 1勝1敗で迎えた3連戦の3戦目。このカード勝ち越して、弾みをつけて交流戦に臨みたい首位・DeNAだが、初回、阪神がマートンのタイムリーなどで3点の先制を許す。さらにその裏、4番筒香嘉智が右太もも裏を痛めて途中交代のアクシデント。

 それでも、DeNAは3回、筒香に代わって出場した選手会長の下園辰哉が、タイムリー二塁打を放つなど4点を奪い逆転に成功する。5回には1点を加えてなおも一死三塁で、倉本寿彦がスクイズ。タイミングはアウトも相手のミスにも助けられ、三塁走者の石川雄洋が生還。

 野村氏は得点後の中畑監督に注目し、「中畑っていうのは面白いね。子どもみたいだね」と話すと、「中畑は偉い、サングラスをかけてない。和田はサングラス。これが首位と4位(試合前の順位)の差だね」とした。

 だが5点リードの7回、DeNA先発・須田幸太が伊藤隼太に2点本塁打を打たれ、この回途中で降板。「ピッチャーを変えるでしょ。俺はベンチに帰った後の(ピッチャーの)表情をじっと見ているんだ。悔しがるヤツは見込みがある」と降板した須田を評価。

 DeNAは8回にも1点を追加し、9回は守護神・山崎康晃で試合の締めくくりにかかる。その山崎康は先頭の上本博紀に、頭部に死球を当て危険球退場。阪神の和田監督が、DeNAの捕手・嶺井に詰め寄った。両軍ベンチから選手が飛び出し、乱闘騒ぎに。野村氏は「故意にぶつけたわけではないのだから、カッカすることじゃない。和田のああいう態度は初めて見た。このデットボールがどういう風にでるかね」と分析。

 すると、山崎康に代わって登板した田中健二朗が1死後、連続四球で満塁のピンチを背負う。DeNAはここで、国吉佑樹にスイッチ。しかし、その国吉も鳥谷敬に押し出しの四球。満塁のピンチは続くが、大和を三直で2死とすると、マートンを空振り三振に仕留め、試合終了。最後はヒヤヒヤもなんとかDeNAが勝利。

 この勝利に野村氏も「こういう野球をしていると、最後までいくよ」とDeNAの快進撃が続くことを予想した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西