ニュース 2015.05.29. 15:36

怒り爆発!ファンの野次に応戦した男たち

無断転載禁止
オリックスの守護神・平野佳寿©BASEBALLKING
 28日のDeNA対オリックス戦の試合後、オリックスの守護神・平野佳寿が、ファンの野次に応戦。チームメートが止めに入り、大きな問題にはならなかったが、温厚な平野佳の怒りにビックリしたファンも多かったのではないだろうか。

 過去にも赤星憲広(元阪神)が08年5月24日のソフトバンク戦の試合後のヒーローインタビュー中に、野次を飛ばした観客に向かい「(マイクが)入ってね~んだよこの野郎」とブチ切れたこともある。また、赤星は他の試合でも、野次を飛ばしたファンを引き留めるように指示した警備員が、そのファンを逃がしたため、警備員に怒りを爆発させたこともあった。

 その他、12年から2年間中日の監督を務めた高木守道前監督は、先発投手の交代を巡って試合中にファンの野次に応戦。その試合に勝利したが、試合後再び野次が飛び、高木前監督はそのファンに向かって「降りてこい」と怒りを爆発させている。

【ファンの野次に応戦した主な選手のエピソード】
平野佳寿(オリックス)
→試合後、三塁ベンチ上からの野次に応戦。

赤星憲広(元阪神)
→試合後のヒーローインタビュー中に、野次を飛ばした観客に向かいブチ切れる。

高木守道(前中日監督)
→先発投手の交代を巡って試合中にファンの野次に応戦。さらに試合後、再び野次が飛び、ファンに向かって「降りてこい」と怒りを爆発させている。

今村猛(広島)
→バレンティンに3ランを浴びた試合後、ファンの野次に「降りて来いや!」と怒鳴る場面も。

駒田徳広(元横浜など)
→現役時代、凡打に倒れファンから野次が飛ぶと、そのファンに対して怒り口調で言い返す場面が多々あった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西