ニュース

ノムさん、教え子の楽天・嶋に喝!「キャッチャーがミットを動かすのはダメ」

無断転載禁止
野村克也氏が楽天監督時代に指導を受けていた楽天の嶋基宏©BASEBALLKING
 31日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた交流戦の楽天対巨人戦を解説した。

 1勝1敗で迎えた第3戦。巨人はリーグ最多の6勝を挙げている高木勇人が先発。高木勇は得意の高木ボールを軸に、2回まで1人も走者を許さない投球。野村氏は「こういうタイプのピッチャーは、コントロールが良くて、キャッチャーは面白くてしょうがない」と高木勇を評価。その一方で、「面白くないのは、完封勝利するでしょ。ヒーローインタビューはピッチャーや。ピッチャーのインタビューを聞いていて、サイン出しているのは誰やとなる」とぼやくことも忘れなかった。

 試合は3回、巨人が1死から吉川大幾の移籍後初安打となる三塁打でチャンスを作ると、続く橋本到が、センター前にタイムリーを放ち先制。この場面、教え子・嶋基宏(楽天)の捕球に「キャッチャーがミットを動かすのはダメ。キャッチャーがボールだからストライクに見せようとする。すると、アンパイアは騙されるかいというような心理になる」と苦言を呈した。

 なおも巨人はチャンスが続き、2番立岡宗一郎にもタイムリーが飛び出すと、野村氏は「こういう(背番号が大きい)選手たちが活躍してくれると二軍で苦労して報われるのはプロ野球の本当の姿」と喜んだ。

 だが6回、楽天打線が反撃開始。二死二、三塁から藤田一也が2点タイムリー三塁打を放ち同点に追いつく。7回には、二死から後藤光尊がレフトスタンド最前列に飛び込む第4号ソロで楽天が勝ち越しに成功した。

 勝ち越した楽天だが8回に、先発・則本昂大が吉川にタイムリーを浴び、再び同点とされる。そして9回から楽天は、守護神・松井裕樹を投入。簡単に二死とし、打席には大ベテランの高橋由伸。1ボール2ストライクと追い込むと、松井裕が高橋由に対して4球目を投げる前に野村氏は「2ストライク1ボールになると、バッターは変化球に比重がかかるでしょ。ストレートで勝負すると結果的に裏になる」と話すと、最後は149キロのストレートで空振り三振。

 試合は延長10回、プロ7年目の中川大志(楽天)がプロ入り初となるサヨナラ本塁打を放ち勝利。楽天が巨人戦9年ぶりに勝ち越しを決めた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西