ニュース

【U-18W杯】日本、1点及ばず初優勝逃す 米国が大会3連覇

無断転載禁止
日本代表の上野翔太郎投手(中京大中京)[Getty Images]
● 日本代表 1 - 2 米国代表 ○
<U-18 W杯決勝・甲子園>

 第27回U-18ワールドカップの決勝が行われ、日本代表は接戦の末に米国代表に1-2で敗れ、惜しくも大会初優勝を逃した。

 日本代表の先発は、2戦連続完投勝利の佐藤(仙台育英)。初回、先頭打者にいきなり四球を与えるも、一死から3番バクストの右中間へのライナーを、中堅手・オコエ(関東一)が好捕。これに救われた佐藤は、2回を三者連続三振に抑えるなど本来の調子を取り戻した。

 しかし0-0の3回、一死二塁のピンチを招くと、2番モニアクのピッチャー正面のゴロを好捕するも、三塁送球が暴投となりミスで先制点を献上。さらに、二死二塁から打ち取った打球がライト前へポトリと落ち、不運な形で2点目を失った。

 打線は0-2で迎えた6回、先頭の8番篠原(敦賀気比)が四球で出塁。一死から1番杉崎(東海大相模)がライト線への二塁打を放ち、一打同点のチャンスを作った。しかし2番津田(浦和学院)の打席で、捕手がボールを逸らす間に三塁走者・篠原が果敢に本塁を狙うも、これは間一髪タッチアウトとなった。

 それでも津田が、米国先発・プラットからしぶとくライト前タイムリーを放ち1点差。さらに3番勝俣(東海大菅生)、4番清宮(早稲田実)の連打で二死満塁とし、5番平沢(仙台育英)が一塁手・バクストを強襲する打球を放ったが、一塁への執念のヘッドスライディングも実らず3つ目のアウトを奪われた。

 日本は5回から登板した2番手の上野(中京大中京)が好救援。伸びのある直球を軸に5イニングを無失点に抑えたが、打線の反撃があと一歩及ばなかった。

 対する米国代表は、先発の16歳左腕・プラットが好投。野手陣も最後まで集中を切らさず、完全アウェイの中で大会3連覇を成し遂げた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西