ニュース

ソフトBがウエスタン4連覇!一軍の主力に成長した選手といえば…

無断転載禁止
一軍の主力として活躍するソフトバンクの中村晃(左)と柳田悠岐(右)[BASEBALLKING]
 ソフトバンクは17日にリーグ優勝を果たしたが、二軍も20日の阪神戦に5-1で勝利し、ウエスタン史上初となる4連覇を達成した。今季は広島に大きくゲーム差を離された時期もあったが、リーグタイ記録となる13連勝もあり大逆転優勝を決めた。

 ファームで結果を残し、一軍のレギュラーに成長していった選手もいる。中村晃はその一人。プロ5年目だった12年、二軍の首位打者と最高出塁率に輝き、二軍優勝に大きく貢献した。翌年、選球眼の良さなどが評価され一軍の1番打者に定着。自身初の規定打席に到達し、打率.307をマークした。

 14年は自己最多の143試合に出場し、176安打を放ち最多安打のタイトルを獲得。打率.308を記録し、2年連続で打率3割をクリア。そして今季も、ここまで打率.294を記録している。3年前まで二軍の選手だったが、今では選手層の厚いソフトバンクのレギュラーを立派に務めている。

 トリプルスリーが確実な柳田悠岐も、新人だった11年に二軍で本塁打王のタイトルを獲得した。13年までは故障などで一、二軍を往復することが多かった。だが、4年目の14年に一軍で全144試合に出場。打率.317、33盗塁を記録し、11月に行われた日米野球の日本代表に選出された。

 今季は昨季以上の活躍を見せ打率.364、32本塁打96打点と打率はリーグトップ、打点と本塁打もリーグ3位以内に付ける。さらに盗塁もリーグトップの31個走っている。ここ2年で一気に才能を開花させ、球界を代表する選手に成長を遂げた。

 また柳田や中村のようにレギュラーで活躍が期待される選手たちが、二軍で汗を流している。プロ2年目の上林誠知は、現在二軍でリーグ1位の打率.337。一軍でも8月25日のロッテ戦で初本塁打となる満塁弾を放つなど、ポテンシャルが非常に高い。さらに昨年ウエスタン・リーグ新記録となるシーズン120安打を放った牧原大成などがいる。

 選手層が厚く、ソフトバンクのレギュラーを獲得するのは難しい。それでも、柳田や中村はしっかりと定位置を確保した。ウエスタン・リーグ4連覇を達成した若鷹たちも、将来は一軍でバリバリ活躍することができるだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西