ニュース

一時代を築いた男たち 合同トライアウトに参加?それとも…

無断転載禁止
オリックスを自由契約となった坂口智隆[BASEBALLKING]
 今季、06年のWBCで世界一に貢献した多村仁志(DeNA)、メジャーでも活躍した岡島秀樹(DeNA)などが戦力外通告を受けた。その他、減額制限を超える契約提示を受け自由契約を選択した坂口智隆(オリックス)、栗原健太(広島)、馬原孝浩(オリックス)や球団に自由契約を申し入れ現役続行を表明した04年の三冠王・松中信彦(ソフトバンク)といった一時代を築いたプロ野球選手たちがチームを離れることが決まっている。

 現役続行を望む選手の多くは、12球団合同トライアウトを受験することになる。ただ、球団の顔と言われた選手たちが戦力外や自由契約となり合同トライアウトに参加するケースは少ない。

 昨年はメジャーを経験した岡島、岩村明憲、中村紀洋などが戦力外となったが、トライアウトに参加せず。中村は移籍先が見つからなかったが、岡島はDeNAと契約を結び、岩村はプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスで選手兼任監督に就任した。

 自らの意思で自由契約を選んだ当時阪神の新井貴浩も、トライアウトを受けることなく、古巣・広島に8年ぶりに復帰。復帰した今季は代打での出場が多くなると思われたが、主力の故障などもありレギュラーで出場し、復活を印象付けた。

 一方で、合同トライアウトに参加した大物選手もいる。03年に首位打者、05年に打点王に輝くなど阪神時代2度のリーグ優勝に貢献した今岡誠は、09年に阪神から戦力外通告を受け、11月に行われた合同トライアウトを受験した。トライアウトでロッテが今岡に興味を持ち、翌年の春季キャンプにテスト生として参加。そのキャンプで合格を勝ち取り、10年の日本一を経験した。その他、藤井秀悟、小林雅英なども戦力外となった大物たちも合同トライアウトに参加している。

 それでも、長く第一線で活躍してきた選手はトライアウトに参加することなく、新しい球団と契約を勝ち取ることが多い。今季戦力外や自由契約でチームを離れることになった大物たちは、どういった決断を下すのだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西