ニュース

ソフトバンク先勝も…ノムさん「第1戦はお見合いみたいなもの」

無断転載禁止
楽天監督時代の野村克也氏[Getty Images]
 24日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた日本シリーズ第1戦ソフトバンク対ヤクルト戦を解説した。

 日本シリーズ2連覇を目指すソフトバンクは、主将で4番を打つ内川聖一が左肋骨骨折で離脱することが試合前に判明。今シリーズの出場が絶望的となった。4番を欠いた中での試合となったが、先制したのはソフトバンクだった。4回一死走者なしから5番の松田宣浩が、ヤクルト先発石川雅規からレフトスタンドに突き刺す一発を放ち先制。

 さらに続く中村晃、吉村裕基の連打で続き一死一、二塁の場面で、今宮健太がセンター前に運ぶ。二塁走者の中村晃は一気にホームを狙いアウトとなった。しかし、この場面、ヤクルトの捕手・中村悠平がタッチの後にボールをこぼしていた。これには野村氏も「こりゃ、もめるわ」としながらも、「こりゃアウトだわ。審判が正しい。タッチして落としたんじゃないかな」と解説。

 それでも9番の高谷裕亮の当たりがサードへラッキーなタイムリー内野安打。野村氏は「ラッキー。完全に打ち取っているんだから。野球は考えられないことが起きる」とコメント。勢いの止まらないソフトバンクは、川島慶三にもタイムリーが飛び出し、この回一挙3点を奪う。

 先発した武田翔太は初回に二死一、三塁のピンチを招いたが、2回以降は打たせて取る投球でヤクルト打線を8回まで無失点に抑える。9回二死一塁から畠山和洋に2ランを浴び、完封勝利を逃すも、続く雄平を打ち取り試合終了。ソフトバンクが日本シリーズ第1戦をモノにした。

 最後に野村氏は敗れたヤクルトについて「日本シリーズ第1戦はお見合いみたいなもの。お互いのデータの確認。ヤクルトの皆さん全く気にすることはありません。第2戦から本物のシリーズが始まる」と話している。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西