ニュース

24日に開幕!日本シリーズを楽しむ6つのポイント

無断転載禁止
ソフトバンクの工藤公康監督(左)、ヤクルトの真中満監督(右)[BASEBALLKING]
 10月24日から日本シリーズが開幕する。セ・リーグは14年ぶりにリーグ優勝を果たしたヤクルトが、CSも巨人に4勝1敗で日本シリーズ進出。パ・リーグはリーグ2連覇し、CSでも圧倒的な強さを見せたソフトバンクが出場する。そこで、日本シリーズを楽しむ6つのポイント紹介していきたい。

1.新人監督対決

 ソフトバンクの工藤公康監督、ヤクルトの真中満監督ともに今季から就任した新人監督同士の対決となる。

 これまでに新人監督同士の日本シリーズは3度行われている。1度目は、1986年の西武・森祇晶監督と広島・阿南準郎監督、2度目は2002年の巨人・原辰徳監督と西武・伊原春樹監督、3度目は04年の西武・伊東勤監督と中日・落合博満監督。

 過去3度は86年と04年はパ・リーグの監督が日本シリーズを制している。ちなみに工藤監督は、日本一になった監督の後を引き継いでおり、翌年に日本一を達成すれば史上初の快挙になる。

2.超強力打線対決

 ソフトバンク、ヤクルトともにチーム打率、得点ともに両リーグトップの成績と、攻撃力が魅力的だ。

 ソフトバンクは3番柳田悠岐、4番内川聖一、5番李大浩のクリーンアップだけでなく、6番を打つ松田宣浩もリーグ2位の35本塁打、7番中村晃は打率3割を記録するなど、抜け目がない。

 一方のヤクルトも2番を打つ川端慎吾が首位打者、3番の山田哲人が本塁打王と盗塁王、4番の畠山和洋が打点王と中軸にタイトルホルダーが並ぶ。5番には故障から戻ってきたバレンティン、6番に雄平が座ることが予想されており、こちらもソフトバンクに負けないほどの打撃力を誇る。

3.先発投手陣の差

 リリーフ陣は両チームともリーグトップの成績を残しているが、先発投手陣にソフトバンクとヤクルトに差がある。

 ソフトバンクは武田翔太、摂津正、スタンリッジと3人の二ケタ勝利投手に加え、中田賢一、バンデンハークが9勝をマークしている。

 ヤクルトはというと、石川雅規の13勝、小川泰弘の11勝の2人が二ケタ勝利はいるが、彼ら2人に続く先発投手がソフトバンクに比べると弱い。

 復活した館山昌平、巨人とのCSで、5回を無失点に抑え勝利投手となった杉浦稔大、5勝を挙げた石山泰稚がどこまでソフトバンク打線を封じるかがカギを握りそうだ。

4.初顔合わせ

 ソフトバンクとヤクルトの日本シリーズは、今回初の顔合わせとなる。

 ソフトバンクはこれまで日本シリーズに南海、ダイエー時代を含めて15回出場。そのうち6度日本一に達成している。阪神と対戦した昨季も日本一になっており、2連覇を目指す。

 14年ぶりに日本シリーズ出場するヤクルトは、6回出場し5度日本一に輝いている。高い確率で、日本一になっているヤクルトが制するのか。ソフトバンクが日本シリーズ2連覇を達成するのか注目だ。

5.トリプルスリー対決

 昨季まで8人しか達成できなかったトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を今季、山田哲人(ヤクルト)、柳田悠岐(ソフトバンク)の2人が達成。シリーズ前からトリプルスリー対決が注目されている。

 山田、柳田ともにチームで3番を任される中心選手ということもあり、シーズン以上に厳しいマークが予想される。その中でも、2人はしっかりと結果を残すことができるだろうか。

6.バレンティンとホームランテラス

 ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームに今年から新設されたホームランテラス。外野フェンスの手前に新たにテラス席が設けられ、そこに打球が入ればホームランと、ラッキーゾーン的なもの。

 ヤクルトは今季、ソフトバンクとの交流戦でヤフオクドームで3試合戦った。しかし、この時にバレンティンは故障のためアメリカに帰国していたため、ヤフオクドームでプレーしていない。

 今シリーズで7戦まで試合が行われれば、ヤフオクドームで4試合行われる。バレンティンはテラス弾を含めて、敵地で何本のアーチを放てるだろうか。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西