ニュース

ソフトB、日本S連覇へ好発進! 武田が2年連続の快投、打線は先発全員安打

日本シリーズ第1戦
○ ソフトバンク 4 - 2 ヤクルト ●
<10月24日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが2年連続日本一へ快勝スタート。先発の武田が9回2失点(自責点0)の完投で昨年の阪神戦に続き日本シリーズ2連勝。打線は4回、松田のシリーズ初本塁打から一挙3点を奪い、好投の武田を援護した。

 ソフトバンクは0-0で迎えた4回、5番松田が日本シリーズ初アーチを放ち先制。さらに6番中村晃からの3連打で二死一、三塁とすると、9番高谷のボテボテのサードゴロがタイムリー内野安打となり、貴重な2点目を奪った。

 攻撃の手を緩めないソフトバンクは、続く1番川島もセンター前へのタイムリーを放ち3点目。この回は松田からの6連打で3点を先制し、試合の主導権を握った。

 6回にも、二死二塁から2番明石が4点目となるタイムリーを放ち先発全員安打を達成。計15安打を放ち、骨折で離脱した内川の不在を感じさせなかった。

 先発の武田は初回に二死一、三塁のピンチを招いたが、5番雄平をセカンドゴロに退けピンチ脱出。9回に二死から2ランを浴びたが、2回以降は危なげない投球で今年もチームに日本シリーズ初白星をもたらした。

 対するヤクルトは、先発の石川が4回3失点で負け投手。打線も武田の緩急に苦しみ、9回に畠山の2ランで2点を返すのがやっとだった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西