ニュース 2015.11.02. 18:23

故障に泣いた巨人・相川「こんなにも重圧が掛かるとは…」

無断転載禁止
移籍1年目苦しんだ巨人の相川亮二 [getty images]
 巨人の相川亮二が2日、自身のFacebookを更新した。

 今季ヤクルトからFAで巨人へ移籍した相川は、「『覚悟』を決めFA宣言しジャイアンツに入団しましたが、結果としてファンの皆様の期待を裏切る結果になってしまい申し訳ありませんでした」と謝罪。「ジャイアンツでプレーする事がこんなにも重圧が掛かるとは想像以上でした」と球界の盟主と呼ばれる巨人でプレーすることは相当なプレッシャーだったことを痛感したようだ。

 ヤクルトからFAで移籍してきた相川は、2年目の小林誠司と正捕手を争うも、開幕直後に右太もも肉離れで離脱。5月下旬に復帰を果たしたが、7月28日のDeNA戦で左手首を骨折。今季は40試合に出場して、打率.313、4本塁打17打点の成績を残している。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西