ニュース

侍J、5連勝で準々決勝へ 中村晃がサヨナラ打!

無断転載禁止
サヨナラタイムリーを放った中村晃(ソフトバンク)[Getty Images]
プレミア12 1次ラウンドB組
○ 日本 6x - 5 ベネズエラ ●
<11月15日 台湾・桃園>

 侍ジャパンは、中村晃(ソフトバンク)のサヨナラタイムリーで6-5でベネズエラに勝利。1次ラウンド5連勝と、準々決勝へ弾みをつける勝利となった。

 1点を追う9回、先頭の今宮健太(ソフトバンク)がライト前に運び出塁すると、続く秋山翔吾(西武)が死球で無死一、二塁。続く途中出場の中島卓也(日本ハム)がきっちりと送り二、三塁とチャンスを広げると、3番山田哲人(ヤクルト)が敬遠四球で満塁。

 5回の代打から出場している川端慎吾(ヤクルト)の初球、相手バッテリーミスで同点に追いつくと、ベネズエラベンチは再び満塁策。このチャンスの場面で中村晃は、レフト前に運ぶ適時打を放ちサヨナラ勝ち。

 投手陣は1点リードの9回から登板した松井裕樹(楽天)は、一死から2本の安打と四球で満塁のピンチを招くと、代打のイェペスに2点タイムリー二塁打を浴びるなど2失点。先発した西勇輝(オリックス)も2本塁打を浴び、4回3失点とピリッとしなかった。

 なお、16日の準々決勝は先日強化試合で戦ったプエルトリコと対戦する。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西