ニュース

MVPはトリプル3達成の柳田と山田 チームの優勝にも貢献

無断転載禁止
リーグMVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐(左)とヤクルトの山田哲人[BASEBALLKING]
 プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2015」が25日に行われ、両リーグの最優秀選手賞(MVP)には、ともにトリプルスリーを達成したソフトバンクの柳田悠岐とヤクルトの山田哲人が選ばれた。

 史上初のトリプルスリーと首位打者を達成した柳田は、打率.363、34本塁打、32盗塁をマーク。さらに出塁率.469、長打率.631、得点圏打率.413もリーグトップで、チームのリーグ優勝、日本一連覇に大きく貢献した。

 山田は打率.329、38本塁打、34盗塁をマーク。23歳でのトリプルスリー達成は西鉄ライオンズ(現西武)時代の中西太の20歳に次ぐ年少記録で、本塁打王と盗塁王の同時獲得は史上初の快挙だった。

 同一シーズンに両リーグからトリプルスリー達成者が出るのは、1950年のセの岩本義行、パの別当薫以来65年ぶり。柳田、山田とも所属チームで不動の3番打者を務め、チームをリーグ制覇に導いた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西