ニュース 2015.12.05. 12:43

オリックス比嘉が驚きの大減俸 4500万円減、1500万円+出来高

無断転載禁止
今季は8試合の登板に終わったオリックスの比嘉[BASEBALLKING]
 オリックスの比嘉幹貴投手が4日、4500万円減の1500万円プラス出来高払いで更改した。

 今季はキャンプ中に右肩を痛め、8月に同箇所の関節唇(かんせつしん)修復手術を受けた。中継ぎの勝ちパターンとして期待されながら、わずか8試合の登板。チームも低迷し「全然、戦力になれなかった」と不本意なシーズンを振り返った。

 それでも13年は59試合に登板し、防御率2.19をマーク。ソフトバンクと優勝を争った昨季も62試合の登板で、7勝1敗、防御率0.79とキャリアハイの成績を残した。

 着実にキャリアを重ねてきたが、右肩の故障でまさかの75%ダウン。球団は一軍復帰が5月頃になると見込んでおり、活躍した場合は出来高で補う。

 Hi-STANDARDの「STAY GOLD」で颯爽と登場し、再びマウンドで光輝く比嘉の雄姿に期待したい。(金額は推定)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西