ニュース

巨人・アンダーソンと契約合意 来季はハイレベルな外国人枠争い?

 巨人は16日、レスリー・アンダーソン外野手と来季の契約を結ぶと発表した。

 1年目の昨季は故障などもあったが、打率.319、15本塁打50打点とリーグ3連覇に大きく貢献。 2年目の今季は打率.252、7本塁打31打点と前年に比べて成績を落としたが、来季の契約を勝ち取った。

 一方で同日に、メジャー通算122本塁打を記録したギャレット・ジョーンズ外野手を獲得。今オフはロッテから自由契約となり、内野ならどこでも守れるルイス・クルーズも補強している。

 今季も巨人でプレーしたマイコラス、ポレダ、マシソン、アンダーソンに、ジョーンズとクルーズが加わった。来季は外国人枠の4つを巡って、激しい争いが繰り広げられそうだ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西