ニュース

新生猛虎打線、一挙6連打で1イニング5得点 巨人・内海を完全攻略

高山、横田がチャンスメイク


 阪神打線が巨人先発の内海に襲いかかり、6連打を含む打者一巡の猛攻で1イニング大量5得点。本拠地・甲子園のファンを沸かせた。

 巨人とのオープン戦に臨んだ阪神は1-1で迎えた4回、先頭の6番狩野が左安で出塁すると、7番高山も右安で続き一、二塁。続く横田も中安を放ち、無死満塁のチャンスを作ると、9番小宮山が勝ち越しとなる左前適時打を放った。

 猛虎打線の勢いは止まらず、1番鳥谷も3点目となる中前適時打。さらに2番西岡も2点タイムリーを右前に運び、3連続タイムリーを含む6連打を記録した。

 続く代打・原口は三ゴロに倒れたが、この間に三塁走者の鳥谷が6点目のホームイン。この回だけで打者10人を送り込み、巨人・内海を攻略した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西