ニュース

【センバツ】智弁学園、サヨナラ初優勝! 奮投のエース村上が劇的打

無断転載禁止
決勝戦の試合結果
○ 智弁学園 2x - 1 高松商 ●
<第88回選抜野球大会・決勝>

 智弁学園(奈良)が高松商(香川)をサヨナラ勝ちで下し、春夏通じて初優勝。延長11回二死一塁から、エース・村上が中越えのサヨナラ打を放った。

 智弁学園は0-0の2回、一死から6番村上が四球で出塁すると、続く大橋が中安で繋ぎ一、三塁。このチャンスで8番中村がしっかりゴロを転がし、内野ゴロの間に先制点を奪った。

 その後は追加点を奪えなかったが、1-1で迎えた11回、二死一塁から好投を続けていたが先発・村上が劇的打。ベンチから選手が一斉に飛び出し、村上を中心に歓喜の輪ができ上がった。

 準決勝まで4試合をひとりで投げ抜いてきた村上は、決勝の舞台でも安定感抜群の投球。初回は無死一、三塁のピンチを招いたが、3番米麦を落ち着いて三ゴロ併殺。4番植田響も三直に打ち取り先制点を与えなかった。

 2回以降は持ち前のストライク先行の投球を続け、5試合連続の完投勝利。うち2試合は完封勝利と、大会を通して抜群の安定感を誇った。

 対する高松商は1点を追う8回、3番米麦が中前適時打を放ち試合を振り出しに。先発・浦は10回を1失点で凌いでいたが、11回に力尽きた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西