ニュース

ロッテ・大嶺祐、2回ノックアウト 伊東監督「皆さんの想像にお任せします」

無断転載禁止
ロッテの大嶺祐太
 前回2回途中5失点でノックアウトされたロッテの大嶺祐太は、8日のオリックス戦も苦しい投球となった。
 
 初回、先頭の西野真弘にピッチャー・大嶺祐の足元を抜けるセンター前ヒットで出塁を許すと、安達了一の犠打で一死二塁といきなり得点圏に走者を背負う。3番糸井嘉男に三塁内野安打で一、三塁とされ、4番モレルに犠飛を浴び、早くも先制を許す。T-岡田に四球を与えると、一死一、三塁となり、続く小谷野栄一の打席で重盗を決められ2点目を失う。

 2回も一死後、駿太にライト前に運ばれると、続く山崎勝己の打席中に盗塁を決められる。山崎勝を右飛に打ち取るも、二塁走者・駿太の三塁進塁を許す。打順は1番に戻り西野に、レフト前にタイムリーを打たれ3失点。

 その裏、味方打線が2点を還し1点差に迫ったものの、2回、4安打、1四死球で降板。その後、チームは8回に角中勝也が逆転の2点適時打を放ちしたこともあり、大嶺祐に負けは付かず。

 大嶺祐は降板後、「悔しいと言うか、情けないです…。前回あのような結果だけど、もう一度チャンスを頂いたのに…。悔しいです。情けないです…。チームに申し訳ない気持ちだけです」と反省。伊東勤監督は試合後、先発した大嶺祐について「みなさんの想像にお任せします」と話した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西