ニュース 2016.06.16. 08:00

【イチロー“4257”のあゆみ①】新たな安打製造機の誕生…神戸で積み上げた「1278」

無断転載禁止
数々の伝説を残してきたイチロー(C)KYODO NEWS IMAGES

イチロー“4257”のあゆみ ~オリックス編~


 イチローがまた新たな金字塔を打ち立てた。

 現地時間6月15日、敵地でのパドレス戦の9回にライトへの二塁打を放ち、キャリア通算4257本目の安打を記録。日米通算ではあるが、ピート・ローズが持つメジャー最多安打記録:4256本を上回った。

 日本で1278本、メジャーで2979本…。世紀の大偉業を達成した男が歩んできた25年間を、在籍したチームごとに区切って振り返っていきたい。

 第1回はオリックス編。稀代の安打製造機・イチローはいかにして誕生したのか…。イチローが過ごした日本での9年間をまとめた。


日本中に衝撃を与えた「210」

bw3

 1991年のドラフト4位でオリックスに入団したイチロー。当初の登録名は「鈴木一朗」だった。

 1年目からファームで打率.366を記録し、ウエスタンリーグの首位打者を獲得。ジュニアオールスターゲーム(現フレッシュオールスターゲーム)ではMVPも獲得した。

 夏場には一軍での出場機会を掴むと、7月12日にダイエーの木村恵二からプロ初安打を記録。1年目から40試合の出場で24安打を放った。

 2年目には開幕一軍に入り、開幕戦でもスタメン出場。6月には野茂英雄からプロ初本塁打を記録したが、打率は1割台と低迷。夏場を前に二軍降格となる。それでもファームでは格の違いを見せつけ、1年目の途中から46試合連続安打をマーク。規定打席には届かなかったものの、最終的には.371というハイアベレージを残し、飛躍への準備を整えた。


 そして迎えた3年目。仰木彬監督にその才能を見出された男は登録名を「イチロー」に変更し、旋風を巻き起こす。

 1番打者として定着すると、飛ぶ鳥を落とす勢いで安打を量産。シーズン130試合のうち、安打が出なかった試合はわずかに13試合しかなく、116試合目の時点で当時のシーズン記録だった藤村富美男氏の191安打を更新。前人未到のシーズン200安打も達成し、最終的には「210」までその記録を伸ばした。


日本の安打製造機が世界へ...

bw4

 その後の活躍ぶりはまさに異次元。94年からメジャー移籍前年の00年まで7年連続で首位打者を獲得し、最多安打のタイトルも94年から98年まで5年連続で獲得。ほかにも打点王や盗塁王といったタイトルを獲得した。

 飛躍の3年目からの7年間で放った安打は1242本。平均177本という驚異的なハイペースで安打を重ねたイチロー。通算1000安打までに要した試合は757。これは今なお破られていない1000安打の日本最速記録である。

 そして2000年、故障により終盤戦は欠場が続いたものの、自己最高でプロ野球歴代2位となる打率.387を記録。7年連続7度目の首位打者に輝き、6年連続の最多敬遠、2年連続5度目の最高出塁率、さらに7年連続7度目のベストナイン&ゴールデングラブという功績を残し、男はメジャー挑戦を表明した。

 日本で様々な歴史を塗り替えたイチローは、野手では日本人として初めてのメジャーリーガーとなり、海の向こうでも歴史を塗り替えていく。


イチロー通算成績(1992~2000年)

seiseki

・951試合
打席4098 打数3619 得点658 安打1278 二塁打211 三塁打23 本塁打118
塁打数1889 打点529 盗塁199 盗塁死33 犠打9 犠飛27 
四球384 敬遠98 死球59 三振333 併殺打59
打率.353 出塁率.421 長打率.522 OPS.943

☆MVP:3回(94年~96年)
☆首位打者:7回(94~00年)
☆打点王:1回(95年)
☆盗塁王:1回(95年)
☆最多安打:5回(94~98年)
☆最高出塁率:5回(94年~96年、99年~00年)
☆ベストナイン:7回 (94年~00年)
☆ゴールデングラブ賞:7回(94年~00年)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西