ニュース 2016.09.12. 10:30

マエケンにメジャーの“洗礼”も…本人は意外とノリノリ!?

無断転載禁止
通訳(左)、トレーナー(右)とともにばっちりポーズを決めるマエケン

新人恒例の仮装でようやく一人前に


 今シーズンのメジャーリーグの新人投手として最多の14勝を挙げているドジャースの前田健太が、恒例の“洗礼”を受けた。

 現地時間9月11日(日本時間12日)の試合後、球場から出てきた前田の姿に大爆笑。ポンポンを手に、ミニスカートを履いたまさかの“チアガール姿”で登場したのだ。

 これはメジャーで恒例となっている「ルーキー・ラギング・デー」というもので、毎年ルーキーが遠征の際にこうした仮装を“強制的にさせられる”のが習慣となっている。



 報道陣の笑いを誘った前田だったが、本人はカメラの前でしっかりポーズを撮るなど意外とノリノリ。通訳、トレーナーとともに弾ける笑顔でサービスした。

 古巣の広島に負けじと、前田も移籍先のドジャースで地区優勝へ向けて奮闘中。この仮装によって一人前のメジャーリーガーとして認められた右腕の更なる活躍に期待したい。

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西