ニュース

マー君、2度目シート打撃「前回より数段良くなっている」 来週に教育リーグで登板も 

無断転載禁止
現地時間9月9日、ヤンキー・スタジアムで先月28日以来のシート打撃に登板したヤンキース田中将大投手 [Getty Images]
 ヤンキースの田中将大投手が現地時間9日、先月28日以来12日ぶりとなる2度目のシート打撃に登板。本拠地ヤンキー・スタジアムのマウンドで、チームメイト4人に対して9打席、変化球を交えた44球を投げ込み、ヒット性の当たりを1本も許さず、三振を5つ奪うという内容を見せた。

 登板後に自身のツイッターを更新した田中は「前回投げた時よりも数段良くなっていました。何より投げていて感じる手応えが違いました。」とコメント。「良い方向に進んでいってくれていると思います!」と今後に向けて明るい見通しを語っている。

 右肘靭帯部分断裂からの復帰を目指している田中は、8月28日に行った同練習の翌日、右腕全体の痛みを訴えて投球練習を一時中断していた。明日以降の経過を見るまでは安心が出来ないものの、自身の感覚では手応えを掴んでいる様子で、ファンに対して順調ぶりをアピールした。

 田中の今後について、ジラルディ監督は「ブルペンでの投球を行った後、今回のような打者相手に試合形式の投球をするか、教育リーグで登板させる」と述べ、実戦復帰がかなり近付いていることを示唆している。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西