ニュース

引退発表の黒田、6回途中1失点で降板 アクシデント発生も役割果たす

5回2/3を投げ4安打1失点の好投


 今季限りでの引退を発表している広島の黒田博樹が、日本ハムとの日本シリーズ第3戦に先発し、6回途中に異常を訴え降板した。

 黒田は初回、一死一塁から3番大谷に三塁線を破られる二塁打を許すと、一死二、三塁から4番中田の遊ゴロの間に先制点を許した。

 それでも続く岡を空振り三振に仕留め初回は最少失点。エルドレッドの2ランで勝ち越したあとは両コーナーを丁寧に突く投球が冴え渡り、2回以降はスコアボードにゼロを刻み続けた。

 2-1の6回も先頭の2番近藤を三飛に仕留めたが、その直後に下半身を気にする素振りを見せた。2打席連続で二塁打を浴びている大谷も左飛に打ち取ったが、直後に自らタイムを要求し、治療のためベンチへ下がった。

 一旦はマウンドへ戻り投球練習を行ったが、続投を断念し6回途中4安打1失点の内容で降板。ベンチへ戻る際は球場全体から大歓声を送られ、緊急登板となった2番手・ヘーゲンズが中田を三ゴロに仕留め3つ目のアウトを奪った。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西