ニュース

日本ハム、一発攻勢で2勝2敗のタイ 中田が同点弾&レアード決勝2ラン!

無断転載禁止
6回、同点ソロを放ち白井コーチ(右)とタッチする日本ハム・中田=札幌ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
SMBC日本シリーズ第4戦
○ 日本ハム 3 - 1 広島 ●
<10月26日 札幌ドーム>

 逆転勝ちの日本ハムがシリーズの対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。6回に4番中田が同点ソロを放つと、8回には6番レアードが勝ち越し2ラン。リーグの打点王と本塁打王が大事な場面で貫禄を示した。

 日本ハムは1点追う6回、先頭の中田が広島先発・岡田が投じた初球のスライダーをフルスイング。真芯で捉えた打球は左翼席へ飛び込む同点弾となり、一発で試合を振り出しに戻した。

 1-1の8回は、代わったジャクソンから中田が四球で出塁すると、二死一塁から6番レアードが貴重な勝ち越し2ランをバックスクリーン横へ運んだ。

 投げては先発の高梨が初回から力強い投球を披露。4回は右翼・近藤の失策で先制点を失ったが、5回二死まで無安打投球を展開。計5四球と制球に苦しんだが、5回1失点(自責点0)と試合を作った。

 6回からは継投に入り、7回までの2イニングはバースが危なげなく無失点。8回は谷元、9回は宮西が締め、本拠地での2連勝を飾った。

 一方の広島は、ジャクソンが2夜連続で捕まり逆転負け。打線は4回にラッキーな形で先制したが、中盤以降は好機であと一本が出なかった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西