ニュース

日本ハムの新人・加藤、2回途中で降板 CSに続き序盤でノックアウト

2番手・メンドーサが好リリーフ!


 日本シリーズ第5戦に先発した日本ハムのドラフト2位左腕・加藤が、初回から広島打線に捕まり2回途中1失点で降板した。

 加藤は初回、先頭の田中に中前打を許すと、送りバントと3番丸の中前打で一死一、三塁のピンチを招いた。4番エルドレッドは一邪飛に仕留めたが、5番鈴木には先制となる中前適時打。6番新井は中飛に打ち取ったが、初回から3安打を許し先に点を失ってしまった。

 2回は先頭の7番小窪を四球で歩かせると、続く下水流には右翼フェンス直撃の二塁打を浴び二、三塁。9番石原は遊ゴロに打ち取ったが、2度目の対戦となった田中を四球で歩かせ、一死満塁のピンチで降板した。

 それでも代わったメンドーサが、2番菊池を三ゴロ、3番丸を空振り三振に仕留めピンチ脱出。新人左腕の不調を救う快投を見せ本拠地ファンを沸かせた。

 加藤は1年目から先発、中継ぎの両方で奮投し、レギュラーシーズン7勝3敗、防御率3.45の成績を残した。実績を買われCSファイナルステージのソフトバンク第5戦にも先発したが、1回4失点で降板し悔し涙を流していた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西