ニュース

インディアンス、敵地で投手戦制す 完封リレーで2勝1敗とリード

無断転載禁止
5回途中からリリーフ登板し完璧な投球を見せたインディアンスのミラー
● カブス 0 - 1 インディアンス ○
<現地時間10月28日 リグリー・フィールド>

 カブス(ナ・リーグ中地区)とインディアンス(ア・リーグ中地区)のワールドシリーズ第3戦が28日(日本時間29日)に行われ、敵地での投手戦を制したインディンスが対戦成績を2勝1敗とした。

 インディアンスは0-0の7回、一死三塁の好機を作ると、代打・クリスプが右前適時打を放ち先制。序盤からけん制死などで再三チャンスを逃してきたが、終盤にようやく得点した。

 先発のトムリンは早めの降板となったが、4回2/3を2安打無失点に抑え盤石のブルペン陣へバトンタッチ。0-0の5回は二死二塁の場面で早くもミラーを投入し、優勝決定シリーズMVP男が、このピンチをしっかりと凌いだ。

 ミラーは6回もマウンドに上がり、圧巻の3者連続三振をマーク。これで地区シリーズのレッドソックス戦からポストシーズン8試合連続、計15イニング連続無失点とした。7回以降もショーとアレンが、それぞれイニングまたぎで奮投。この日も早めの継投策が奏功し、虎の子の1点を守り抜いた。

 カブスは熱狂的な本拠地ファンの声援を受けたが、打線がインディアンス投手陣の前に沈黙。9回は二死二、三塁と一気にサヨナラのチャンスを作ったが、最後は7番バエスが空振り三振に倒れた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西