ニュース

FA選手の流出が多い球団は?

無断転載禁止
和田一浩は西武からFA移籍で中日へ移籍した

西武は毎年のように主力がFA移籍


 10月31日にFA権の申請手続きがスタート。糸井嘉男(オリックス)、岸孝之(西武)、森福允彦(ソフトバンク)がFA権の行使を表明している。1993年に導入されてから、これまでも多くの選手がFA権を行使して移籍してきた。

 FAの流出を見てみると、西武が14人と歴代で最も多い。94年オフにダイエー(現ソフトバンク)へ移籍した工藤公康、石毛宏典を始め、清原和博、和田一浩、涌井秀章といった中心選手が次々と他球団へ移籍。また、松井稼頭央や中島裕之(現中島宏之)は活躍の舞台を海外に移した。昨オフも脇谷亮太が国内FA権を行使して、古巣の巨人に戻った。

 また最もFAの流出が少なかったのは、04年に球団が消滅した近鉄と、05年に新規参入した楽天の3人となっている。楽天は藤井彰人が阪神へ移籍し、岩隈久志と福盛和男はメジャーに挑戦した。

 FAによる流出選手が多い球団ランキングは以下の通り

FAによる流出選手が多い球団ランキング(15年オフ終了時点)


1位 西武(14人)
工藤公康、石毛宏典、清原和博、松井稼頭央、豊田清、和田一浩、土肥義弘、細川亨、許銘傑、帆足和幸、中島裕之、片岡治大、涌井秀章、脇谷亮太

2位 日本ハム(11人)
河野博文、片岡篤史、岡島秀樹、小笠原道大、建山義紀、藤井秀悟、森本稀哲、田中賢介、鶴岡慎也、大引啓次、小谷野栄一

3位 ソフトバンク(9人)
武田一浩、工藤公康、若田部健一、村松有人、城島健司、杉内俊哉、和田毅、川崎宗則、山崎勝己

3位 オリックス(9人)
石嶺和彦、山沖之彦、中嶋聡、木田優夫、星野伸之、田口壮、加藤伸一、日高剛、寺原隼人

3位 阪神(9人)
松永浩美、仲田幸司、新庄剛志、藪恵壹、野口寿浩、藤本敦士、藤川球児、平野恵一、久保康友

3位 中日(9人)
落合博満、前田幸長、野口茂樹、福留孝介、川上憲伸、中村紀洋、小池正晃、中田賢一、高橋聡文

7位 広島(8人)
川口和久、江藤智、金本知憲、黒田博樹、新井貴浩、高橋建、大竹寛、木村昇吾

7位 巨人(8人)
駒田徳広、松井秀喜、小久保裕紀、上原浩治、高橋尚成、鶴岡一成、サブロー、小笠原道大

7位 ヤクルト(8人)
広沢克己、吉井理人、川崎憲次郎、高津臣吾、稲葉篤紀、石井一久、五十嵐亮太、相川亮二

7位 DeNA(8人)
佐々木主浩、小宮山悟、谷繁元信、門倉健、相川亮二、内川聖一、村田修一、金城龍彦

11位 ロッテ(7人)
田村藤夫、小林雅英、薮田安彦、橋本将、小林宏之、成瀬善久、今江敏晃

12位 楽天(3人)
藤井彰人、福盛和男、岩隈久志

12位 近鉄(3人)
金村義明、山崎慎太郎、大村直之
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西