ニュース

【U-23・W杯】若き侍が初代王者に!柿沼が逆転打、真砂は4発目、広岡の3ランでトドメ

無断転載禁止
侍ジャパン・U-23代表
第1回 WBSC U-23ワールドカップ
○ 日本 10 - 3 オーストラリア ●
<現地時間11月6日 エスタディオ・デ・ベイスボル・モンテレイ>

 23歳以下の野球世界一を決める「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は現地時間6日(日本時間7日)、メキシコのモンテレイで決勝戦が開催され、侍ジャパン・U-23代表がオーストラリア代表に10-3で勝利。初代王者の栄冠を掴んだ。

 日本は2回、先発の笠原大芽(ソフトバンク)が一死二、三塁のピンチを招くと、ホワイトフィールドに2点タイムリーを浴びて失点。先制を許すと、4回にはシェパードにレフトスタンドまで放り込まれ、3回途中KO。0-3と追いかける展開となってしまう。

 それでもその裏、打線が奮起。満塁のチャンスを作ると、山下幸輝(DeNA)の一塁へのゴロを相手が後逸。この間に二者が生還し、2-3と1点差に詰め寄る。

 なおも一、三塁のチャンスに三好匠(楽天)が犠飛を放って同点に追いつくと、そこから二死一、二塁ともう一度チャンスを作り、8番・柿沼友哉(ロッテ)のレフト前安打の間に逆転の走者が生還。この回一挙4得点で試合をひっくり返した。


 逆転に成功した日本は、4回途中からリリーフした2番手の大野亨輔(MHPS横浜)が3イニングを無失点に封じる好投。流れを呼び込むと、6回からは今大会エース格のはたらきを見せている本田圭佑(西武)が中2日でリリーフ登板。オーストラリア打線を三者連続三振に斬る快投で、チームに更なる勢いを呼び込む。

 すると6回裏に打線が爆発。先頭の真砂勇介(ソフトバンク)が今大会4本目となる本塁打をレフトスタンド上段に叩き込んで5-3とすると、一死二、三塁から相手のタイムリーエラーで追加点。なおも一、三塁のチャンスで9番・広岡大志(ヤクルト)が3ランを放ち、9-3と相手を突き放した。

 援護を受けた投手陣は7回も本田が続投。三振を2つ奪い、2イニング・打者6人をパーフェクトで5奪三振という圧巻の投球を見せると、8回は岸本淳希(中日)がピンチを招きながらも無失点で切り抜ける。

 打線は8回にも武田健吾(オリックス)のタイムリーツーベースで得点を挙げてダメ押し。リードを7点に拡げると、9回は歳内宏明(阪神)が無失点で締めてゲームセット。10-3で勝利した侍ジャパン・U-23代表が、見事に大会の初代王者に輝いた。


試合結果

オ|002 100 000|3
日|000 405 01X|10

【バッテリー】
笠原(3回0/3)、大野(3回)、本田(2回)、岸本(1回)、歳内(1回)- 柿沼

<日本スタメン>
(中)武田健吾
(遊)植田 海
(右)乙坂 智
(左)真砂勇介
(三)山下幸輝
(二)三好 匠
(指)吉持亮汰
(捕)柿沼友哉
(一)広岡大志
P.笠原大芽
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西