ニュース

マエケンが新人王の最終候補入り!受賞すれば2001年のイチロー以来

無断転載禁止
ナ・リーグの新人王候補に選出された前田健太

15年ぶりの日本人新人王なるか!?


 BBWA(全米野球記者協会)は7日、同協会が選出する各タイトルの最終候補者3名を発表。日本人選手では、ドジャースの前田健太がナ・リーグの新人王の最終候補に選出された。

 前田は今季32試合に先発して16勝をマーク。177回と2/3を投げて1イニングあたりに何人の走者を出したかを表すWHIPは1.14と、シーズンを通して先発として安定した結果を残したことが評価された。

 しかし、ライバルも強力。最大の壁はチームメイトでリーグMVPの最終候補にも選出されているコーリー・シーガー。シーズン193安打を放ち、ドジャースのショートとして歴代最多となる26本塁打を記録した男が新人王の本命と見られている。

 日本人選手では過去に野茂英雄(1995年)、佐々木主浩(2000年)、イチロー(2001年)の3選手が新人のタイトルを受賞。前田が受賞となれば、日本人選手としては15年ぶり4度目の受賞となる。

 なお、各タイトルの受賞者は、現地時間の今月14日から17日にかけて発表され、最優秀新人賞は14日に発表される。


最優秀新人賞(14日発表)

<ナ・リーグ>
前田健太(ドジャース)
32試 16勝11敗 奪三振179 防御率3.48 WHIP 1.14

コーリー・シーガー(ドジャース)
157試 打率.308 本塁打26 打点72 安打193 OPS.877

トレア・ターナー(ナショナルズ)
73試 打率.342 本塁打13 打点40 安打105 OPS.937

<ア・リーグ>
マイケル・フルマー(タイガース)
26試 11勝7敗 奪三振132 防御率3.06 WHIP 1.20

タイラー・ネークイン(インディアンス)
116試 打率.296 本塁打14 打点43 安打95 OPS.886

ゲーリー・サンチェス(ヤンキース)
53試 打率.296 本塁打20 打点42 安打60 OPS 1.023


日本人選手の新人王受賞者

・1995年:野茂英雄(ドジャース)
28試 13勝6敗 奪三振236 防御率2.54 WHIP 1.06

・2000年:佐々木主浩(マリナーズ)
63試 2勝5敗37セーブ 奪三振78 防御率3.16 WHIP 1.16

・2001年:イチロー(マリナーズ)
157試 打率.350 本塁打8 打点69 盗塁56 安打242 OPS.838


なお、その他の各タイトル候補者は以下のとおり。


最優秀監督賞(15日発表)

<ア・リーグ>
ジェフ・バニスター(レンジャーズ)
テリー・フランコーナ(インディアンス)
バック・ショーウォルター(オリオールズ)

<ナ・リーグ>
ダスティ・ベイカー(ナショナルズ)
ジョー・マッドン(カブス)
デーブ・ロバーツ(ドジャース)


サイ・ヤング賞(16日発表)

<ア・リーグ>
コリー・クルバー(インディアンス)
リック・ポーセロ(レッドソックス)
ジャスティン・バーランダー(タイガース)

<ナ・リーグ>
カイル・ヘンドリックス(カブス)
ジョン・レスター(カブス)
マックス・シャーザー(ナショナルズ)


最優秀選手賞(17日発表)

<ア・リーグ>
ホセ・アルテューベ(アストロズ)
ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
マイク・トラウト(エンゼルス)

<ナ・リーグ>
クリス・ブライアント(カブス)
ダニエル・マーフィー(ナショナルズ)
コリー・シーガー(ドジャース)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西