ニュース

W杯初代王者!侍ジャパン・U-23代表が帰国 斎藤監督「褒めてあげて」

無断転載禁止
帰国会見に出席した侍ジャパン・U-23代表の斎藤雅樹監督(右)と選手たち(左から本田、三好、真砂)

若き侍が凱旋帰国


 メキシコ・モンテレイで開催された「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。初代王者に輝いた侍ジャパン・U-23代表が、9日に帰国した。

 記者会見には斎藤雅樹監督と主将の三好匠(楽天)、大会MVPの真砂勇介(ソフトバンク)、エースとして優勝に貢献した本田圭佑(西武)の4名が出席。それぞれが感想と喜びを語った。

 まずは「選手の頑張りで優勝することができました。みんなを褒めてやって下さい」と斎藤監督。勝因には、「守りが非常に良かった。失点をしないで、少ないチャンスをモノにする野球ができた」という部分を挙げ、「みんな23歳以下と若いので、“元気ハツラツ”に。これだけは貫こうと言っていた」と大会を通して自分たちらしく戦えたことをポイントに挙げた。


 また、明日からはじまるトップチームの強化試合に関して、「我々の前に女子代表やU-18が優勝していて、非常にプレッシャーをかけられていたので(笑)」とした上で、「トップチームに良い意味でプレッシャーをかけることができたかなと思います。やってくれると思います」と笑顔でエールを送っている。

 “世界一”という最高の結果を持ち帰ってきた若き侍ジャパンであるが、選手たちの野球人生はまだまだこれから。最後に「この大会を通して感じたことをそれぞれチームに持ち帰って、糧にしてもらいたい」と選手たちのさらなる飛躍を祈った斎藤監督。いつの日か、今回の“斎藤チルドレン”がトップチームの中心で活躍する日が来ることを心待ちにしたい。


▼ 斎藤雅樹監督・一問一答

―― 勝因について

日本のチームは投手を含めた守りが良くて、
失点せずに少ないチャンスをモノにする野球ができた。



―― 初めての国際大会でしたが

全く分からないことばかりで、相手の力量も分からなかったですが、
予選を戦っていくうちに日本のレベルの高さを感じることができた。
これはいけるぞ、という感覚を掴めた。



―― チーム率いるうえで心がけていたことは?

初日に言ったんですが、23歳以下という若い世代なので、
“元気ハツラツ”というのを持って、
それだけは忘れないで戦っていこうということは言っていた。



―― 東京五輪など、これから先が期待される世代だと思いますが

この大会で感じたり、得たことをチームに持ち帰って、
これを糧にして成長しなきゃいけないと思う。
そうすれば、五輪などのメンバーに入れるだけの力はあると思います。



―― トップチームの戦いに弾みがつけられた

僕たちもこの大会に行く前に女子が優勝したり、
非常にプレッシャーをかけられていたので、
いい意味でプレッシャーをかけられたかなと思います。
トップチームもやってくれると思います。



―― 世界一になった、という実感はどこで?

表彰式で喜んでいるところで流れる国歌を聞いた時に、
オリンピックの選手が世界一になったら「あ、こういう感じでこの歌を聞くんだ」なんて思っていました。



―― 指導者として、自分のチームに持ち帰る部分は?

改めて投手・守備の大切さを感じた。
点数をやらなければ負けない。
そこからチームのリズムを作って攻撃につなげる、
という戦いが僕の理想なのかなと思いました。




ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西