ニュース

阪神が引き分けでファイナルステージ進出!新ルールの延長コールドが初適用

CSファーストステージ第2戦
阪神 0 - 0 広島
<10月12日 甲子園>

 試合の均衡が一度も破られることなく、スコアボードに「0」の文字が24個並んだ。阪神が延長にもつれた試合を0-0の引き分けに持ち込み、5度目の挑戦にして初のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ進出を決めた。

 昨日に続いての接戦となった第2戦、阪神・能見、広島・大瀬良の両先発ともに気持ちのこもった投球を見せ、野手もそれに応えてファインプレーの応酬。堅い守備でスコアボードに0の文字を刻んでいく。

 能見が8回を無失点に抑えれば、守護神・呉昇桓は来日初となる3イニングを投げ切って無失点。12回は福原が締めた。昨年から「各ステージの決着(ステージの勝ち上がり)が確定した時点でコールドゲームとする。」というルールがCSの開催要項に盛り込まれており、その(1)「延長12回表の先攻チームの攻撃が同点のまま終了した場合。(延長12回裏は行わない)」に則り、12回裏が行われることなく、試合終了。コールドルールが適用された初めての試合となった。
 
 敗退となった広島は、ルーキーの大瀬良が7回まで無失点の力投を見せるも、打線が苦手・能見を攻略できず。今季の快進撃を支えた“キクマルコンビ”こと菊池と丸がCSから1・2番に入ったものの、2試合で2人合計18打数1安打と沈黙。阪神投手陣を前に21イニング連続無得点に抑えられた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西