ニュース

来季の12球団監督でチームを組んだら強そうだった!

無断転載禁止
2015年の12球団監督(候補含む)で作成したチーム編成
 プロ野球はクライマックスシリーズ真っ只中だが、今年も多くの指揮官がユニフォームを脱ぐこととなった。楽天・星野監督を筆頭に、広島・野村監督、ヤクルト・小川監督、そして今なおCSを戦っているソフトバンクの秋山監督は正式に退任が決定。ソフトバンクのみ後任監督が決定していないが、報道ではOBの工藤公康氏の就任が濃厚とされている。

 工藤氏が就任すると、昨年の星野監督と同様、12球団で唯一の投手出身監督となる。来季監督の顔ぶれを見ると、投手出身監督がいて、捕手、内野手、外野手など各ポジションの出身者が並び、スラッガーがいれば、いぶし銀タイプの選手もおり、バラエティに富んだ面々となっている。

 ん?もしや、来季の12球団監督だと良いチームが作れるのでは……!?

 という訳で、来季のソフトバンク監督を工藤氏と仮定して、12球団の監督だけでオーダーを組んでみた。

1番(右)真中
2番(二)和田
3番(中)緒方
4番(三)原
5番(一)中畑
6番(指)大久保
7番(遊)田辺(森脇)
8番(捕)谷繁(伊東)
9番(左)栗山
投手:工藤

 やはり、強そうなオーダーが組める。ディフェンシブに戦えば、かなり勝ち上がれそうなチーム構成だ。

 ただ、中軸に右打者が続く点がやや気になるところ。補強ポイントは左の主軸打者。現オーダーで穴があるポジションになると…レフトになるだろうか。栗山監督には申し訳ないが、あくまで現役時代の実績を考えると、である。

 レフトを守る、強打の左打者と言えば……いた!しかも、某球団の来季監督候補として新聞紙上を賑わせた大物が!

 もし、その大物が来季の監督に就任していたとしたら、以下のオーダーが組めていた。

1番(中)緒方
2番(右)真中(栗山)
3番(左)金本
4番(三)原
5番(一)中畑
6番(指)大久保
7番(遊)田辺
8番(捕)谷繁(伊東)
9番(二)森脇
投手:工藤

 これは、かなり強そうだ。名球会バッテリーを中心としたセンターラインがしっかり整いつつ、かなり攻撃力がアップした。攻撃的な1・2番を厚みが増したクリーンアップで返す展開が期待できるラインアップである。

 ちなみに、過去の監督ラインアップで強そうなシーズンは2011年。

1番(遊)野村
2番(左)西村
3番(中)秋山
4番(一)落合
5番(三)原
6番(指)岡田
7番(二)真弓
8番(捕)梨田
9番(右)小川
投手:星野(渡辺久、尾花)

 その他のシーズンを見ると、監督だけでチームを組める年は意外と少ない。投手が多すぎたり、逆に一人もいなかったり、捕手が何人もいるなど、例年は偏りがあるのが通常だ。

 これまでご覧頂いた仮想オーダーは、現役時代のプレーをイメージして作ったもの。あくまでベースボールキング編集部の独断と偏見で作ったものなので、ご容赦頂きたい。それにしても…改めて感じたことだが、監督の若返りがだいぶ進んだものである。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西