ニュース

2015シーズンの注目ワード『新人監督』 工藤監督が連続日本一に導くと…

無断転載禁止
今季からソフトバンクの監督を務める工藤公康監督[Getty Images]
 今年のプロ野球界でキーワードになりそうなことをベースボールキング編集部が勝手に選定し、紹介する今シーズンの”注目ワード”。今回は『新人監督』に注目したい。

 今季から工藤公康監督(ソフトバンク)、緒方孝市監督(広島)を始め、5人が新たに監督就任した。そこで気になるのは、就任1年目の指揮官がチームをリーグ優勝に導けるかどうかだ。これまで新人監督でリーグ優勝を達成したのは、2リーグ制後14人(1リーグ時代は3人)。日本一達成はリーグ3位から日本一になった西村徳文監督(ロッテ)を含めると9人になる。

 ちなみにプロ野球のコーチ経験なしで、リーグ優勝を達成した監督は、1950年の湯浅禎夫監督(毎日)、2004年の落合博満監督(中日)、2012年の栗山英樹監督(日本ハム)の3人。コーチ経験のない工藤監督が、今季リーグ優勝すると4人目になる。また工藤監督のように、日本一になった監督の後を引き継ぎ監督を務めたのは、過去に1955年の野口明(中日)の1度だけで、そのときは2位に終わっている。工藤監督が連続日本一に導くと史上初の快挙になる。

2リーグ制後、リーグ優勝に導いた新人監督

湯浅禎夫(毎日/1950年)☆
西本幸雄(大毎/1960年)
川上哲治(巨人/1961年)☆
古葉竹識(広島/1975年)
藤田元司(巨人/1981年)☆
森祇晶(西武/1986年)☆
阿南準郎(広島/1986年)
権藤博(横浜/1998年)☆
原辰徳(巨人/2002年)☆
伊原春樹(西武/2002年)
伊東勤(西武/2004年)☆
落合博満(中日/2004年)
渡辺久信(西武/2008年)☆
栗山英樹(日本ハム/2012年)
☆は日本一

*西村徳文(ロッテ/2010年)は、リーグ3位から日本一
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西