ニュース

阪神が鳥谷の残留を正式発表 「熟考を重ねた結果、残留を決意」

無断転載禁止
第3回WBCでは日本代表としてプレーした鳥谷敬[Getty Images]
 阪神は9日、海外FA宣言した鳥谷敬の残留を正式発表した。

 鳥谷は球団公式HPを通じて「海外FA権を得て、FA宣言をさせていただきましたが、熟考に熟考を重ねた結果、残留することを決意しましたので皆様にお知らせさせていただきます。決定が遅くなってしまい、ファンの皆さん、球団の方々、選手の皆さんにはご心配をおかけしました。ファンの皆さんには、大きなご心配をおかけした分、『リーグ優勝』、『日本一』を勝ち取り、その喜びを共に分かち合えるよう、今シーズンも全力でプレーさせていただきたいと思います」とコメントした。

 鳥谷は2003年に自由獲得枠で阪神に入団。2年目の2005年に146試合に出場して、打率.278、9本塁打52打点の成績を残しリーグ優勝に貢献。その後も、阪神の中心選手として昨季まで10年間フル出場を続けている。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西