ニュース 2015.01.09. 21:15

鳥谷が阪神残留 西岡の守備位置はどうなる?

無断転載禁止
第1回WBCに出場した西岡剛は今季どこのポジションで出場するのか[Getty Images]
 9日、海外FAを宣言していた鳥谷敬の阪神残留が決まった。そこで気になるのが、西岡剛の今季の守備位置だ。

 西岡は昨季、3月30日の巨人戦(東京ドーム)の守備中に、右翼の福留孝介と交錯し大怪我に見舞われた影響もあり、満足な結果を残すことができなかった。また西岡が離脱中、二塁を務めた上本博紀がレギュラーに定着し、復帰後西岡は三塁で出場。

 日本シリーズが終了し、秋季キャンプに突入すると、FA宣言した鳥谷の移籍を想定してセンターの大和が遊撃の練習を始め、西岡のセンターコンバート案が浮上。これに西岡は待ったをかけた。契約更改の席で「内野にこだわっていきたい。二遊間にこだわりたい」と力強く宣言。

 年が明けてからも7日の合同自主トレで「二遊間で勝負して試合に出られないなら控えでもいい。そのくらい強い気持ちを持っている。外野用のグラブを用意していない」とコメントするなど二遊間に強いこだわりを見せる。

 ただ西岡がレギュラーを目指す二遊間は、厳しい競争が待っている。2005年から10年間、遊撃でフル出場を続けている鳥谷の残留が決定し、レギュラーはほぼ確定的。そうなると残るは二塁になる。昨季レギュラーを奪った上本との争いに勝たなければ、レギュラーの道はない。

 西岡自身、万全な状態で今季を迎えるため昨年、11月に右肘を手術した。“二遊間”に愛着を持つ西岡は、二塁のレギュラーを奪い返すのか。それとも、別のポジョションでレギュラーを目指すのか。巻き返しを狙う今季の西岡に注目だ。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西