ニュース

これぞアメリカン・ドリーム!夢にあふれたMLB今オフの大型移籍トップ10

無断転載禁止
今オフも驚くような移籍が頻発したメジャー。その契約額も・・・![Getty Images]
 現地時間9日、FA市場の“最後の大物”と呼ばれたジェームズ・シールズがパドレスと契約合意に至ったことが報じられた。昨年11月に幕を開けたストーブリーグも、目玉選手の去就が大方決まり、いよいよ新シーズンへ向けた準備の期間へと移っていく。

 ここでは、オフのストーブリーグのまとめとして、FAで移籍した選手たちの“契約額”に注目。単純に値段で比較をし、高い順にランキングにしてみた。

 もちろん、契約年数が伸びれば金額も大きくなるのは間違いないが、年数の長い契約を勝ち取れることも期待の大きさであることを考慮し、年単位で割った金額ではなく、単純に総額が多い選手を上として並べている。

 いわゆる“アメリカン・ドリーム”を掴んだ男たち。夢にあふれたオフの大型移籍ランキングは以下の通り。

【14/15・大型移籍トップ10】
1位 マックス・シャーザー
タイガース→ナショナルズ
☆7年総額2億1000万ドル(約248億8000万円)
・今FA市場における最大の目玉選手。投手歴代2位の超大型契約を結んだ。

2位 ジョン・レスター
アスレチックス→カブス
☆6年総額1億5500万ドル(約183億6000万円)
・メジャー屈指の左腕。9年で通算116勝。

3位 パブロ・サンドバル
ジャイアンツ→レッドソックス
☆5年総額1億ドル(約118億4000万円)
・愛称は“カンフー・パンダ”。ここ5年で3度の世界一に輝いたジャイアンツの主砲。

4位 ハンリー・ラミレス
ドジャース→レッドソックス
☆4年総額8800万ドル(約104億2000万円)
・09年のナ・リーグ首位打者。10年間の通算打率は.300ちょうど。

5位 ラッセル・マーティン
パイレーツ→ブルージェイズ
☆5年総額8200万ドル(約97億1000万円)
・攻守に優れた捕手。捕手史上4番目という大型契約を結んだ。

6位 ジェームズ・シールズ
ロイヤルズ→パドレス
☆4年総額7500万ドル(約89億3000万円)
・ロイヤルズではエースとして29年ぶりリーグ優勝に大きく貢献。

7位 ヤスマニ・トマス
キューバ(亡命)→ダイヤモンドバックス
☆6年総額6850万ドル(約81億1000万円)
・新たなキューバからの刺客。24歳の有望株。

8位 ネルソン・クルーズ
オリオールズ→マリナーズ
☆4年総額5700万ドル(約67億5000万円)
・昨年のア・リーグ本塁打王。

9位 ブランドン・マッカーシー
ヤンキース→ドジャース
☆4年総額4800万ドル(約56億8000万円)
・カーショー、グリンキー、柳に続く4番手として期待。

10位 デービッド・ロバートソン
ヤンキース→ホワイトソックス
☆4年総額4600万ドル(約54億5000万円)
・ヤンキースでリベラの後の守護神として奮投。


…移籍した日本人選手
● 青木宣親
ロイヤルズ→ジャイアンツ
☆単年400万ドル(約4億7300万円)

● イチロー
ヤンキース→マーリンズ
☆単年200万ドル(約2億3600万円)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西