ニュース 2015.02.18. 11:15

ヤクルトで故障に強い選手といえば… 最近15年で全試合出場した野手を振り返る

無断転載禁止
メジャーでもプレーした岩村明憲[Getty Images]
 ヤクルトといえば、毎年投手、野手ともにシーズン途中に離脱するケースが多い。そこで、最近15年で全試合出場した野手を振り返っていきたい。

 00年はペタジーニと宮本慎也の2人が全試合に出場。リーグ優勝した01年は全試合出場した選手はいなかったが、02年以降は岩村明憲が2回、ラミレスが4回全試合に出場している。特にラミレスは05年から巨人へ移籍する前年の07年まで3年連続全試合に出場。毎年100打点以上を挙げており、チームには欠かせない存在だった。

 岩村、ラミレスが去った後は、09年に田中浩康、10年、11年に青木宣親が全試合出場を果たした。しかし、青木がメジャーに挑戦した後は、全試合に出場した選手は誰もいない。13年は144試合中、バレンティンの130試合が最多出場だった。

 毎年のように故障者に泣くヤクルトは、今季こそ11年以来の全試合出場選手が現れるのだろうか。

最近15年で全試合出場した野手

00年 ペタジーニ、宮本慎也
01年 なし
02年 岩村明憲
03年 宮本慎也、ラミレス
04年 岩村明憲
05年 ラミレス
06年 ラミレス、青木宣親
07年 ラミレス
08年 田中浩康
09年 なし
10年 青木宣親
11年 青木宣親
12年 なし
13年 なし
14年 なし
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西