ニュース

伝統球団巨人へのFA移籍はプレッシャー? 移籍元年の成績を振り返る

 巨人は昨オフ、FAでヤクルトから相川亮二、DeNAから金城龍彦の2人を獲得した。これまでにも巨人は、相川と金城も含めてFAで9人の野手(投手を含めると19人)を補強している。そこで、12球団で一番注目度の高い伝統球団でプレーしたFAの先輩野手たちは移籍1年目、プレッシャーに押しつぶされることなく活躍していたのか振り返りたい。

 巨人移籍後も、前年までプレーした球団と変わらない活躍を見せた代表選手に、小笠原道大が挙げられる。小笠原は日本ハム最終年の06年、本塁打王と打点王のタイトルを獲得するなど、リーグ優勝、日本一に大きく貢献する活躍を見せ、シーズンMVPを受賞。かなりの期待を受けて巨人へ入団した小笠原は、日本ハム時代と変わらぬ打棒を発揮し、リーグを跨いで2年連続MVPを獲得した。

 小笠原のように活躍した選手もいれば、期待より下回った選手もいる。96年オフに西武から巨人へFA移籍してきた清原和博がその一人だ。打率、本塁打、打点ともに前年の成績とほぼ同じだが、リーグワーストの152三振に加え、数字以上に得点圏で凡打する場面が多く期待を裏切ってしまった印象だ。

 今季加入した相川と金城は小笠原や清原のようなスラッガータイプではないため、求められる役割が違う。その中で、相川と金城の2人は伝統あるチームが求める働きを見せる事ができるのだろうか。

FAで巨人に加入した野手の成績

落合博満(中日→巨人)
移籍前:試119 率. 285 本17 点65
移籍後:試129 率.280 本15 点68

広澤克実(ヤクルト→巨人)
移籍前:試130 率.271 本26 点73
移籍後:試131 率.240 本20 点72

清原和博(西武→巨人)
移籍前:試130 率.257 本31 点84
移籍後:試130 率.249 本32 点95

江藤智(広島→巨人)
移籍前:試121 率.291 本27 点82
移籍後:試127 率.256 本32 点84

小笠原道大(日本ハム→巨人)
移籍前:試135 率.313 本32 点77
移籍後:試142 率.313 本31 点95

村田修一(横浜→巨人)
移籍前:試144 率.253 本20 点70
移籍後:試144 率.252 本12 点58

片岡治大(西武→巨人)
移籍前:試72 率.290 本4 点28
移籍後:試126 率.252 本6 点32

相川亮二(ヤクルト→巨人)
移籍前:試58 率.250 本2 点21
移籍後:?

金城龍彦(DeNA→巨人)
移籍前:試90 率.200 本0 点11
移籍後:?

*移籍前は巨人加入する前年の成績
*移籍後は巨人加入1年目の成績
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西