ニュース

高木豊氏、巨人・村田の打撃を心配 「重症に見える」

 プロ野球解説者の高木豊氏が1日、自身のブログを更新。同日に行われた巨人対ヤクルトのオープン戦について綴った。

 今季の巨人は、阿部慎之助の一塁コンバートや、先発を務めていた沢村拓一のリリーフ転向など、3連覇中ではあるチームだが、生まれ変わろうとしている。その中で、高木氏が気になったのはベテランの村田修一。「打席での反応が悪く感じる。それに伴い迷いも伝わってくる」と分析。続けて、「ホームランバッターだけに、1本出ればと思う人もいるかもしれないが、私には重症に見える。昨年からトンネルに入った感じが抜けていない」と村田の状態がかなり深刻に見えたようだ。

 一方のヤクルトについては「打つ方は、全員がしっかり、バットが振れる状態にある。今年も、打撃陣は心配ない感じだ」とし、投手陣も「小川、石川あたりは順調に来ている」と評価した。また、この日登板した2年目の杉浦稔大に対しては「巨人打線に素晴らしい投球をした。真っすぐの回転も良さそうだし、コントロールも良かった。期待させる投球だった」と太鼓判を押した。

 ただ、守備陣に関しては「記録に現れないミスが多く、今日も、ダブルプレーと思うあたりが、取れずにピンチが続く状態」と課題を挙げている。それでも「今年のヤクルトは、投手陣の頑張りで台風の目になり得る」と期待を寄せた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西