ニュース

阪神、故藤村氏の10でプレー 甲子園の巨人戦で

無断転載禁止
球団創設80周年を記念し、故藤村富美男氏の永久欠番「10」のユニホームを着用した阪神ナインら=8日・甲子園(代表撮影)(c)KYODONEWS
 プロ野球阪神は8日、球団創設80周年を記念して兵庫県西宮市の甲子園球場で「永久欠番デー」を開催し、巨人とのオープン戦で和田豊監督(52)、コーチ、全選手が「ミスタータイガース」と呼ばれた故藤村富美男氏の永久欠番「10」を背にしたユニホームを着た。

 試合前に藤村氏のほか、同じく背番号が永久欠番の故村山実氏、吉田義男氏(81)の功績がスコアボードの大型スクリーンで紹介され、スタンドのファンと同様にベンチから現役選手らが見入った。始球式は吉田氏が捕手となり、村山氏と藤村氏の孫が投手と打者を務めた。2万人を超える観衆を集めた試合は0-1で敗れた。


(c)KYODONEWS
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西