ニュース

ヤクルトが打順変更後3連勝!7回以降に7安打集中、鮮やか逆転劇

● DeNA 2 - 6 ヤクルト ○
<2回戦・横浜>

 ヤクルトが終盤の5得点で試合をひっくり返し、鮮やかな逆転勝ち。3連勝を飾った。

 初回、筒香に2ランを浴びていきなり2点のビハインドからスタートとなったヤクルト。流れが変わったのは4回、1点を返すと、直後に打席に入った田中浩康が頭部への死球を受け、DeNA先発の山口俊が危険球退場となる。

 その後は、スクランブルな継投となったDeNAリリーフ陣を前に4回から6回まで0に抑えられたものの、7回表に二死から代打の森岡が二塁打を放つと、1番・荒木貴裕がライトへと運ぶ適時打。4番手の国吉佑樹を二死から攻略し、試合を振り出しに戻す。

 火のついた打線は8回、5番手のエレラから先頭の山田哲人が安打で出塁。内野ゴロを2つ挟んで二死三塁から頭部に死球を受けた田中浩康に代わって6番に入った上田剛史がライトへ弾き返す適時打。梶谷のまずい守備もあったものの、記録は三塁打となり、続く中村も一二塁間を破って追加点。二死からの連続適時打で4-2と試合をひっくり返した。

 9回も一死から四球、安打、四球と繋いで4番の雄平が2点適時打を放ち、ダメ押しとなる6点目。7回以降だけで7安打を集中し、5点を挙げたヤクルトが逆転勝利を収めた。

 ミレッジの負傷離脱により、4月2日から山田を3番に据える新オーダーを組んでいるヤクルト。ところが、奇しくもそこから3試合連続2ケタ安打と打線が目覚め、1試合平均の得点も7.7と向上。“ケガの功名”ではないが、昨年までの打線の勢いを取り戻しつつある。

 この結果を受けた今シーズンの成績は5勝3敗。このあとのナイターの結果次第では、阪神を捉えて首位に並ぶ可能性も出てきた。助っ人不在を感じさせないヤクルトの“国産”強力打線がセ・リーグをかき回す。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西