ニュース 2015.04.18. 21:02

ヤクルト3連勝で首位ガッチリ 7回零封で初勝利の石川「満点です!」

○ ヤクルト 4 - 0 DeNA ●
<5回戦・神宮>

 ヤクルト先発・石川が7回無失点の好投で今季初勝利。打線は6回、雄平の2点タイムリー、畠山の2ランで一挙4点を先制しベテラン左腕の白星をアシストした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 石川はこの日も粘り強い投球を披露。初回は二死から3番梶谷、4番筒香に連打を許し一、三塁のピンチを招くも、5番ロペスを見逃し三振に仕留め先制点を許さず。5回にも二死から満塁のピンチを招いたが、ここでも筒香に対し丁寧にアウトコースを攻め、最後はショートゴロに打ち取った。

 すると0-0のまま迎えた6回裏、打線が石川を援護。二死から四球と内野安打で一、二塁のチャンスを作ると、4番雄平がレフトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放ち均衡を破る。続く5番畠山も、DeNA先発・山口の真っ直ぐを強振。すると打球はライナー性のままレフトスタンドへ突き刺さり、この回一挙4点を奪った。

 勝利投手の権利を得た石川は、7回104球、無失点の好投でお役御免。8回からは中沢、ロマン、徳山と小刻みに繋ぎ、DeNA打線を無失点リレーで封じ込めた。

 本拠地のお立ち台に上がったベテラン左腕は「味方の援護があるまでは、という気持ちで何とか粘れた。満点です!」と笑顔。今季は援護に恵まれず黒星先行(1勝2敗)も、これで開幕から4試合連続でクオリティ・スタート(6回以上、3自責点以下)をクリア。防御率も1.73まで良化した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西