ニュース 2015.05.14. 05:30

セのトップバッターたちが4番顔負けの長打力を披露?

無断転載禁止
右膝裂傷で途中交代となったDeNA・石川©BASEBALLKING
 13日に行われたセ・リーグの公式戦で4番打者ではなく、1番でスタメン出場した選手の本塁打が相次いだ。

 首位を走るDeNAの1番石川雄洋は、同点の7回一死一塁の第4打席、中日2番手・田島慎二が投じたストレートを振り抜くと、DeNAファンが待つライトスタンドに飛び込む勝ち越し2ラン。本塁打を放った石川は、本拠地9連勝、中畑清監督通算200勝に大きく貢献した。敗れた中日の1番・大島洋平も、3回にライトへ第2号ソロを放っている。

 東京ドームで行われた巨人対広島戦では、今季初めて1番に座った巨人の大田泰示が先制の1号ソロ。大田の本塁打による1点を守りきった巨人が勝利。お立ち台に上がった大田は「これでチームが勝てたので凄く嬉しいです」と話した。

 さらに、打撃不振が続いていたヤクルトの山田哲人も、阪神戦の9回裏に、守護神の呉昇桓からレフトスタンド中段に突き刺す第5号ソロを放っている。

 実に6球団中、4球団の1番打者に本塁打が飛び出した。ちなみに13日の試合で、1番でスタメン出場した選手の試合前までの本塁打は、山田(ヤクルト)が4本、大島(中日)、田中広輔(広島)、西岡剛(阪神)が1本、大田(巨人)、石川(DeNA)が0本。

 昨季29本塁打を放った山田を除けば、セ・リーグのトップバッターは安打で出塁するタイプの選手が多いだけに、非常に珍しい一日になったといえるだろう。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西