ニュース 2015.06.10. 13:10

ベンチの雰囲気を変える! チームを盛り上げるムードメーカーたち

無断転載禁止
ムードメーカーとしてチームを盛り上げるソフトバンクの松田宣浩©BASEBALLKING
 長いペナントレース。良い時もあれば、悪い時もある。チームが落ち込んでいるときに、必要になってくるのが、ムードメーカーとなる選手。

 パ・リーグ首位を走るソフトバンクは、松田宣浩、内川聖一といったベテランがチームを盛り上げている。得点が入るとベンチで喜ぶなど、常にベンチの雰囲気を明るくしている。特に短期決戦になると、チーム全体で盛り上がり、昨季の日本シリーズなどでもその光景を目にする場面が多かった。

 中日も、今季から加入した亀沢恭平がベンチの雰囲気を変えている。亀沢といえば、昨季までソフトバンクでプレーしていた選手。ソフトバンク時代の先輩たちのように、亀沢が中心に本塁打を打ったときにパフォーマンスを行うなど、これまで暗いイメージだった中日を明るくしている。

 最下位に沈む広島は、現在二軍で調整するロサリオと上本崇司の2人がムードメーカーといえそうだ。ロサリオと上本の2人は、他の選手に促され盛り上げる場面も多々あるが、雨天コールド時にはダンスを披露したりとチームだけでなく、球場の雰囲気も盛り上げている。チームを上位へ押し上げるためにも、上本、ロサリオといったチームを活気付ける選手も必要なのかもしれない。

 その他、阪神の今成亮太、日本ハムの杉谷拳士、現役引退組では新庄剛志氏などがいる。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西