ニュース 2015.06.28. 17:29

首位・阪神、6連勝で貯金「3」 福留&ゴメスがまた二者連続弾、藤浪は5連勝!

○ 阪神 6 - 2 DeNA ●
<10回戦・甲子園>

 投打が噛み合った阪神が、引き分けを挟み6連勝。7回2失点の先発・藤浪が5連勝で今季6勝目(4敗)。打っては3番福留、4番ゴメスが前日に続くアベック弾を放ち、甲子園での連続も9に伸ばした。

 阪神は0-0で迎えた4回、一死から3番福留が、ここ5戦で4発目となるソロ弾を右中間スタンドへ運び先制。さらに続くゴメスも、二者連発となる9号ソロを右中間スタンドへ突き刺し、2戦連続の連弾で2点目を加えた。

 その後2-2の同点に追いつかれるも、5回は一死二塁から、1番起用の上本がセンターへのタイムリーを放ち勝ち越し。続く6回にも、代打・狩野の内野ゴロの間に加点すると、さらに9番藤浪が自らを楽にするタイムリーをレフトへ運び、貴重な5点目を加えた。

 藤浪は立ち上がりから制球に苦しむも、4回まで1安打ピッチング。味方が2点を先制した直後に同点に追いつかれるも、打線が再び勝ち越した6回以降は同じミスを繰り返さなかった。

 若き右腕は、7回119球を投げ、6安打、8奪三振で2失点。5つの四死球を与えたが悪いながらも試合を作り、5月14日のヤクルト戦から負けなしの5連勝とした。

 対するDeNAは、先発した三浦が中盤に捕まり5回3失点。打線も藤浪の制球難につけ込むことができず、責任投手の三浦に今季初黒星が付いた。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西