ニュース

【高校野球】ノムさん、早実・清宮を絶賛「間違いなく、2年後のドラフトの頭」

無断転載禁止
楽天監督時代の野村克也氏[Getty Images]
 26日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、早稲田実業高校の清宮幸太郎を解説した。

 この試合に勝利すれば、甲子園出場が決まる早実は、東海大菅生と対戦。1回表二死走者なしで清宮の第1打席、1ボール1ストライクからの3球目の内角スライダーを捉えるも一塁ライナー。野村氏は「間違いなく2年後、ドラフトの頭だわ」と清宮を評価。また野村氏は「オレらの高校時代に、こうしてテレビがあればなあ。もっと打ったのに。そうしたらプロのスカウトが来て契約金も貰えたのに…」とぼやく。

 4点を追う4回、先頭で迎えた第2打席は、空振り三振。6回二死走者なしの第3打席、清宮が3球目、ストライクからボールになる変化球を見逃すと野村氏は「あれは普通振るんだけどな。いい形で見逃している。素質を感じるね」と絶賛。この打席は四球で出塁するも得点に繋がらず。

 その裏、早実は東海大菅生に1点を許し、リードを5点に広げられてしまう。清宮は8回無死一、二塁で迎えた第4打席、カーブを打つも二ゴロ。清宮が打ち取られるも、早実打線は下位打線の連打で1点差に迫ると、二死満塁のチャンスで、連続押し出し四球を選び逆転に成功。

 なおも二死満塁の場面で清宮の第5打席が回ってくる。初球の変化球を見逃してボールを選ぶと、2球目の変化球を一、二塁間に破るライト前タイムリー。このタイムリーに「インコース苦しそうに打っているけど、構え方も堂々としているし、持ってる」と解説した。

 8回に一挙8点を奪い大逆転した早実がこのまま逃げ切り、5年ぶり29回目の夏の甲子園出場を決めた。1年生の清宮は地方予選、全6試合に出場して、本塁打こそ出なかったが、打率.500(20打数10安打)10打点の成績だった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西